寺フェスとは


初めまして。主催の登坂尚高と申します。

 

寺フェスの会場となる、山形は若宮寺は僕の実家です。この家で育ちました。

 

学生時代はこの大自然に囲まれた土地で、昼には山の中を駆け巡り、夜になれば自室に引きこもって音楽ばかり聴いておりました。

 

 

音楽を聴いている時が本当に楽しく、そして悲しくて大切な時間でした。

 

 

東京という大都会に憧れ、上京。大学卒業と同時に音楽活動を開始。

 

都内で自主企画等をほそぼそ精力的に行う中、夏フェスといった音楽祭を自分の力でも出来ないかなと考えました。

 

大きなイベントをするにあたり、場所やお金の疑問が浮かびましたが、

 

「んだ。俺ん家でやればいいべぇ。」

 

「お金は自分で働けばなんとがなっぺぇ。」

 

勢いに任せて、実家である若宮寺本堂を会場とし、スタッフは地元、世代を超えた友人達の協力のもと、

 

2013年春、第一回 『寺フェス'13』 を開催しました。

 

その後、『寺フェス'14』、『寺フェス'15』、『寺フェス'16』、『寺フェス'17』、

 

そして今年『寺フェス'18』と、毎年開催されるまでになりました。

 

 

音楽で面白いことがしたい

 

(あわよくば嫁を…)

 

それだけを考えて今年もまた、ようやく開催までの道筋がぼんやりと見えてきました。

 

 

大好きな、心の底から大好きなアーティスト達による素晴らしい歌と演奏。

 

それを見に遠くからはるばる来てくださるお客さん、ふらりと遊びに来た近所の爺ちゃん婆ちゃん。

 

家族や友達、あの時フラれてしまったあの子まで遊びに来てくれて、

 

皆真剣に、時にゆったりと音楽を聴いている光景は本当に素晴らしいものです。

 

学生の頃の僕も、自分の部屋から抜け出して、聴きに来てくれると嬉しいなと思います。 

 

 

ほんてん音楽は最高っす。

 

今年も寺フェスをよろしくどうぞっす。

 

2018.07.02 登坂尚高


 

 

 

'15の時にテレビユー山形(TUY)“Nスタやまがた”という番組の

ニュース記事でちょこっとだけ取り上げてもらいました。

お時間あればご覧ください。